富山市で骨端症の施術をしている接骨院/てらにし接骨院

query_builder 2022/03/27
ブログ
てらにし接骨院

子供の特有の障害に、骨端症というものがあります。


骨端症とは、骨端という骨のはしっこの部分が、何らかの原因で障害をきたしたものを、骨端症といいます。


骨端は、成長軟骨板とも呼ばれており、成長期の子供(小学生~高校生)にしかなく、成長が止まって大人になると骨と同化して一体化となります。


骨端症は、痛みの出る場所によって、いろいろ種類があります。


・膝→オスグッド・シュラッター病


・かかと→セーバー病、シーバー病


・股関節→ペルテス病


・手首→キーンベック病


……などがあります。


この他にも、足にみられるケーラー病やフライバーグ病…など、たくさんあります。


骨端症は、激しい運動の後や、骨端の部分に負荷がかかり続けたりすることで、発症します。


骨端症になると、痛みはもちろん、腫れたり、熱をもったり、成長障害を引き起こすこともあります。


子供が運動をしたあとに痛みを訴えていたり、歩くときなどに違和感ある…などと訴えているときは、骨端症の可能性があるかもしれません。


そして、骨端症は成長痛ともちょっと違うので、注意が必要です。


富山市のてらにし接骨院では、骨端症に対する施術を行っております。

体の全体のバランスをみながら、痛みの原因となる筋肉や関節にアプローチをかけていき、痛みや負担を減らして行きます。


骨端症でお困りの方や、骨端症かも…?とお思いの方は、ぜひ富山市のてらにし接骨院へお越しください。


ご相談も承っております。      

NEW

  • 富山市で体のゆがみの施術をしている接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2022/06/26
  • 富山市で自賠責保険を扱っている接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2022/06/19
  • 富山市で母指CM関節症の施術をしている接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2022/06/12
  • 富山市でゴルフ肩の施術をしている接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2022/05/30
  • 富山市で変形性関節症の施術をしている接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2022/05/25

CATEGORY

ARCHIVE