打ち身をしたときは、富山市のてらにし接骨院へ

query_builder 2022/02/27
ブログ
てらにし接骨院

打ち身について説明します。


打ち身とは、打撲のことをいうのですが、体の一部をどこかにぶつけて起こるケガをいいます。


打ち身をすると、皮膚や筋肉や血管などが損傷します。


損傷すると、皮膚の色が青紫色になったりしますが、これは内出血が起きているためであり、時間がたつにつれて茶色や緑色などに変わっていきます。


打ち身が起こりやすい場所には、すね・太もも・肩…などです。


打ち身は

・転倒したとき

・物にぶつかったとき

・スポーツしていたとき

……など、あらゆるシチュエーションで起こりやすいケガです。


打ち身したところが筋肉で厚く覆われている場所に関しては、打ち身を起こしても筋肉で守られているため、骨に異常ないことがほとんどです。


ですが、もし骨折や脱臼の可能性も考えられる場合には、レントゲン検査も必要になります。


打ち身を起こした場合には、正しい処置が必要となってきます。


無理に動かさず安静にして、炎症を起こしている場合には、氷や冷湿布で冷やします。 そして、腫れを防ぐために心臓よりも高い位置で固定したりもします。


富山市のてらにし接骨院でも、打ち身に対する治療を行っております。


打ち身の損傷の度合いを見極めながら、正しい処置を行ってまいります。


それに加えて、痛みを軽減していくために、打ち身をしたまわりの組織も、筋肉を緩めていったり、電気治療を行ったりします。


打ち身をしてしまった時は、ぜひ富山市のてらにし接骨院へお越しください。


ご相談も承っております。

NEW

  • 富山市で体のゆがみの施術をしている接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2022/06/26
  • 富山市で自賠責保険を扱っている接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2022/06/19
  • 富山市で母指CM関節症の施術をしている接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2022/06/12
  • 富山市でゴルフ肩の施術をしている接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2022/05/30
  • 富山市で変形性関節症の施術をしている接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2022/05/25

CATEGORY

ARCHIVE