内出血をしたときは富山市のてらにし接骨院へ

query_builder 2022/02/08
ブログ
てらにし接骨院

内出血は、誰でも一度は経験があると思います。


ぶつけたりして熱をもったり腫れてしまい、皮膚が青紫色に変わってしまうと、内出血を起こしている可能性があります。


内出血は、名前の通り皮膚の内側で出血が起こっているものをいいます。


皮膚の下には、毛細血管が網目のように広がっています。

この毛細血管は、血管の壁が薄く、ぶつけたりなど外から衝撃が加わると破れてしまいます。


すると、血液がじわじわと周りに広がり、内出血となります。


内出血が起こると、最初は青紫色になりますが、時間がたつにつれて、茶色や黄色や緑色と変化していくことが多いです。

そして、数日で内出血がだんだん広がっていきます。


ぶつけたりして内出血がみられる場合には、正しい処置が必要です。


無理に動かさず患部を安静にして、氷などで冷やします。

患部を冷やすことによって、内出血がひどくなるのを抑えるとともに、炎症も抑えます。


その他にも、包帯やテーピングなどで患部を圧迫して、内出血や腫れを抑えたり、患部を心臓よりも高い位置に保つことによって、内出血を抑えたり痛みを軽くしたりします。


内出血は、ぶつけたなどの原因が思い当たらなかったり、腫れや痛みがなかなか引かない場合は、血液の病気などの可能性も考えられるので、注意が必要です。


富山市のてらにし接骨院でも、内出血に対する処置を行っております。


ぶつけたりして内出血になってしまった場合は、安易に考えず、ぜひ富山市のてらにし接骨院へお越しください。

NEW

  • 富山市で体のゆがみの施術をしている接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2022/06/26
  • 富山市で自賠責保険を扱っている接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2022/06/19
  • 富山市で母指CM関節症の施術をしている接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2022/06/12
  • 富山市でゴルフ肩の施術をしている接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2022/05/30
  • 富山市で変形性関節症の施術をしている接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2022/05/25

CATEGORY

ARCHIVE