富山市でシンスプリントを診ている接骨院/てらにし接骨院

query_builder 2020/11/29
ブログ
てらにし接骨院

スポーツをしているとき、またはスポーツをした後に、すねの内側が痛くなったことはありませんか?


もしすねの内側に痛みが出た場合は、シンスプリントという障害かもしれません。


シンスプリントとは、正式な名称は「脛骨過労性骨膜炎」といい、脛骨(すねの骨)にくっついている骨膜(筋肉)が炎症を起こしてしまい、使いすぎで痛みや腫れがでる過労性の障害となります。


シンスプリントは、マラソンやランニングなど走るスポーツをする人や、ジャンプすることが多いスポーツをしている人によくみられます。

他には、運動を急に始めた方や、足の形が悪い人にもみられたりします。


すねの内側の下1/3の部分に痛みが出たり、腫れたりすると、シンスプリントの可能性が高く、注意が必要です。


シンスプリントになると、初めのうちは運動後の軽い痛みで治まるのですが、症状が進むと運動中にも痛みを感じるようになります。

さらに進むと、安静にしてても痛みが出たり、歩けなくなったりすることもあります。


なので、痛みや腫れがある場合には、無理をせず正しい処置が必要となります。

また、運動再開に向けても段階をふんだり、再発しないための予防も大事となってきます。


富山市のてらにし接骨院では、シンスプリントになる原因を見極め、体のバランスもみながら、正しい処置を行っていきます。

シンスプリントでお悩みの方は、ぜひ富山市のてらにし接骨院へお越しください。


相談も承っております。

NEW

  • 富山市で足のしびれにおすすめの接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2021/04/11
  • 富山市で手のしびれにおすすめの接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2021/03/28
  • 健康保険について/富山市/てらにし接骨院

    query_builder 2021/03/21
  • 富山市で腰のサポーター・腰のコルセットを取り扱っている接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2021/03/14
  • 富山市でひざのサポーターを取り扱っている接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2021/03/07

CATEGORY

ARCHIVE