応急処置(RICE処置)について/富山市・てらにし接骨院

query_builder 2020/10/26
ブログ
てらにし接骨院

今回は、応急処置について説明しようと思います。


日常生活や、スポーツ中に起こりやすいケガとして、捻挫・打撲・肉離れなどがあります。


もし、それらのケガをしてしまった場合には、接骨院や医療機関にかかるまでの間、損傷を悪化させずに最小限にとどめておく必要があります。


そのための、応急処置としてRICE処置という方法があります。


RICE(ライス)とは、・Rest・Icing・Compression・Elevationの頭文字をとっています。


Rest=安静

 まずは、ケガをした部分を安静にすることが重要です。

 むやみに動かすと悪化するおそれもあるので、注意が必要です。


Icing=冷却

 患部の痛みや、内出血、炎症を抑えるために、患部やそのまわりを氷や氷水で冷やします。


Compression=圧迫

 腫れや内出血を抑えるために、包帯やテーピングなどで、患部を固定します。

 この際、きつく圧迫すると血流障害や神経障害をきたすので、注意が必要です。


Elevation=挙上

 腫れを防ぐために、患部を自分の心臓より高くします。

 椅子やクッションなどを使って、その位置を保ったままにします。


ケガをした時のRICE処置は、早ければ早いほどよく、ケガの予後にも大きく関わってきます。


そして、RICE処置というのはあくまでも応急処置であり、治療ではありません。

処置したあとは、ぜひ富山市のてらにし接骨院にお越し下さい。


相談も承っております。

NEW

  • 富山市で打撲をしたときは、てらにし接骨院へ

    query_builder 2021/05/09
  • 富山市で首の痛みにおすすめの接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2021/05/04
  • 富山市で片頭痛におすすめの接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2021/04/24
  • 富山市で足のしびれにおすすめの接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2021/04/11
  • 富山市で手のしびれにおすすめの接骨院/てらにし接骨院

    query_builder 2021/03/28

CATEGORY

ARCHIVE